本文へ移動

ドキュメントの電子化

オフィスにあふれる大量の書類や図面・資料を電子化してデータ活用
 
紙文書の電子化を検討されるお客様が増えております。
しかし、実際にはこのようなお困りごとがあるようです…。
1(星)電子化したい紙文書が多すぎて整理しきれない。
2(星)紙文書の保管状態がバラバラで、どう処理したら良いか分からない。
 (サイズ混在、両面片面、付箋、ホッチキス、冊子など)
3(星)日常の業務に加えて電子化なんて、とても手が回らない。
4(星)図面のように大きなサイズを電子化できる機材がない。
5(星)部署により必要な書類が異なる。一元管理する方法はないのかな?
6(星)とりあえず電子化したが、セキュリティ対策を検討しないと・・・
etc.
 
 
貴社では、どんなお悩みごとがありますか?
      
 

カントーには、お客様の電子化をお手伝いできるノウハウがあります。

ポインター電子化する紙文書が多くてお客様では対応できない。
 そのような場合は当社で承ります。スキャニング作業だけでは
 なく、原稿整理や電子化後の運用(利活用)、原稿廃棄(溶解処理)
 も含めてお手伝いいたします。
ポインター持ち出し禁止の機密文書等は、お客様先での電子化サービス
 も対応可能です。

ポインターお客様ご自身で電子化を進める際に必要なインフラ整備を
 ご支援いたします。
 ・電子化(スキャンニング)
  スキャナやOCRアプリケーションのご提供 等
 ・データの利活用、保存・セキュリティ対策
  サーバ(オンプレ/クラウド)やデータベース等
 ・原稿廃棄
  シュレッダ一、回収BOX 等

ポインターDS事業部ITS事業部の2事業部により、様々な角度から
 お客様の目的にあわせた電子化をサポートいたします。
 DS事業部:ドキュメントソリューション
  ドキュメント(文書)全体に関するアウトソーシングをご提供。
 ITS事業部:ITソリユーション

  ドキュメント(文書)全体に関するインフラをご提供。

当社の実績

電子化サービスのながれ

STEP1 →

お問い合わせ
ヒヤリング
概算見積

STEP2 →

電子化の事前準備

STEP3 →

スキャンニング
作業

STEP4 →

データ加工・編集

STEP5 →

納品・原稿返却
TOPへ戻る