本文へ移動

年末調整申告の業務時間が劇的に減る!

奉行Edge年末調整申告書クラウドは、年末調整申告書を提出する側(従業員)と受け取る側(総務部担当者)の双方の課題を解決いたします。
オンラインデモをご希望の方は、こちらからお申し込みください。
お見積りをご希望の方は、こちらからお申し込みください。
 
まずはカントーにご相談ください!
導入前にシステムの機能をお試しいただける「オンラインデモ」もご利用いただけます。その他導入後の運用支援など気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。

基礎控除・給与所得控除の改正内容とその影響

「令和2年分」の年末調整が大幅変更!
申告書及び申告内容の変更
新たに「給与所得者の基礎控除申告書」  兼  「給与所得者の配偶者控除等申告書」 
兼 「所得金額調整控除申告書」が創設されます
▼令和2面分の年末調整から4枚6種類になります
1.給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
2.給与所得者の保険料控除申告書
3.給与所得者の基礎控除申告書兼給与所得者の
       配偶者控除申告書兼所得金額調整控除申告書
       給与所得者の基礎控除申告書所得金額調整控除申告書が新設
4.(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書
Point
1.従業員への事前アナウンスや書類の正しい書き方の指導を適切に行う必要がある
2.申告書の記載事項をチェックする負担が増す
3.年末調整業務のやり直し作業が増加する
クラウドで年末調整申告書の提出を行うことで、作業時間を大幅に削減することができます

令和2年分年末調整 改正対策ガイドブック

 
 
 
改正のポイントがまるわかり!
 

年末調整申請書クラウド導入事例!

 
 
配布、回収から年末調整の
計算までをシステム化
 

もっと詳しい情報を知りたい方は!

奉行Edge 年末調整申告書
クラウドの詳しい資料はこ
ちらから。
 
TOPへ戻る