オフィス環境に関するソリューション LED照明

  • 店舗ショールーム
  • オフィス
  • ホテル・宿泊施設
  • 病院・福祉施設 
  • ガソリンスタンド
LED照明 今、何故照明対策なのか?

LED照明の特徴

LEDのタイプ

約40.000時間の長寿命

独自の放熱設計により、定格寿命は約40,000時間を実現。60W形ミニクリプトンランプの20倍の長寿命です。
1日10時間の点灯で約10年間使用することができるため、ランプ交換が困難な場所にも最適です。

電源ユニット内蔵タイプでコンパクトな器具本体

電源ユニットを内蔵しながら、従来製品に比べ大幅に小径化されています。シンプルでコンパクトな外観はさまざまな空間にマッチさせることが可能です。また、100V電源をそのまま器具に結線できるため、省施工に貢献します。

豊富なラインアップで空間を演出

LED照明器具は、電球型、パネル型、スティック型など用途に応じた機種をラインアップしています。使用するシーンに合わせた選択が可能です。

普及価格を実現

徹底したコストダウンにより普及価格を実現しています。白熱灯器具とのイニシャルコストの差をランニングコスト(電気料金)によって早期に回収することができるため、経済性の観点からも、白熱灯器具から置き換えが可能です。

LED導入に関するQ&A

  • Q:LEDは値段が高い気がするのですが?
  • A:照明器具自体は現在の照明機器よりは高価ですが、ランニングコスト(電気代)がかなり安いので、多くの場合トータルコストは安くなります。
  • Q:蛍光灯タイプを入れ替えるとどこまで工事が必要ですか?
  • A:蛍光灯の安定器をはずすなどの工事です。 テナントの場合は、移転時にはずしたものを繋げて復帰させます。
  • Q:安定器とは何ですか?
  • A:通常オフィスには、交流の100V・240Vの電流が流れています。 蛍光灯・水銀灯・LED灯は交流の電流を直流に変換しており、これを安定器といっています。 LEDは交流100V.240Vをコンバータで直流の12Vに変換しています。
  • Q:安定器は照明ひとつあたりひとつ搭載されているのですか?
  • A:蛍光灯は、照明器具の内側についている、1本・2本・3本の照明器具に容量に合わせた安定器が1個付いています。 水銀灯は、照明器具に安定器をつけるのではなく、照明用配線の基の部分に安定器をとりつけます。 ボール型の蛍光灯や直管をまとめた蛍光灯は、蛍光球に安定器が入ってます。
  • Q:LEDに差し替えられない土台はありますか?
  • A:あります。 照明電球のみの交換は、白熱灯で口金の合うもの(JIS規格)だけです。
  • Q:LEDが普及しない原因は何ですか?
  • A:LEDが今まで普及しなかったのは高輝度タイプLEDではなく低輝度であった為で、これからは普及していくと考えられます。 (価格が低価格になり、明るさも明るく消費電力が少ない。紫外線もほとんど出さず、長寿命などの利点があるためです。)
  • Q:LEDはセンサーと連携可能ですか?
  • A:可能です。 たとえば人感センサー、パソコンで時間 照度を設定なども可能です。
  • Q:保証はどうなっていますか?
  • A:2年保証です。 (メーカーによっては1年保証のものもあります。)
こちらのサービスに関するお問い合わせ こちらの商品・サービスに関するご質問、ご相談等、お気軽にお問い合わせ下さい。 お問い合わせはこちら