カントーは「Fun to Shareキャンペーン」
に参加しています

気候変動キャンペーン「Fun to Share」は、地球温暖化の原因のひとつとなっている、温室効果ガスの削減を目標として発足された国民運動です。

カントーは、この「Fun to Shareキャンペーン」の主旨に賛同し、プロジェクトに参加しています。まずは冷暖房の温度調節、クールビズ、ウォームビズの実施、照明機器の節約、省エネ製品の選択といったすぐに出来るチャレンジから始めています。地球温暖化を止める社員一人ひとりのアクションプランです。

Fun to Shareキャンペーンへの取り組み(CO2削減)

温度調整で減らそう

Fun to Share

冷房時は室温28℃、暖房時は室温20℃になるよう年間を通して空調を設定しています。また夏季はクールビズ、冬季はウォームビズを推奨しお客様やパートナー様にも軽装でのご来社をお願いしています。

※設定温度について
室内温度が設定温度より高い場合は一時的に低めに設定する事もございます。 また、営業時間中はお客様満足度を損なわないように個別に温度設定することを認めています。
※クールビズの実施に関して(期間:5月1日〜10月31日)
期間中、社員は上着およびネクタイの非着用を推奨しています。
ただし、公式行事や外部会議出席等は着用する場合があります。

自動車の使い方で減らそう

エコドライブの徹底。
急加速、急発進はしない。 駐車時アイドリングはしない。

電気の使い方で減らそう

使用していない場所の電気・空調はこまめに消す。
30分以上の離席時はパソコンおよびディスプレイの電源を落とす。

省エネ製品を選択しよう

白熱電球からLED電球へ

本社エントランスの照明を「白熱電球」から「LEDダウンライト」に変更しました。

主なメリット
●省電力 (消費電力の減少)
●発熱量の減少 (エアコンの効率運転)
●長寿命 (ゴミの削減)
●赤外線・紫外線が少ない (被照射物(展示物・商品)を傷めない/虫が寄りつかない)